foRページへリンク

デ活.データ利活用協議会 Data utilization council for resilience

企業も強くなる首都圏も強くなる、首都圏を中心としたレジリエンス総合力工場プロジェクト

News

2019.06.21

データ利活用協議会 令和元年度 第1回シンポジウム「企業も強くなる 首都圏も強くなる ~テーマ別分科会の挑戦~」のプレスリリースを発表しました。

2019.02.28

速報 ”首都圏レジリエンスプロジェクト平成30年度 成果報告会”をアップしました。

2019.02.07-8

第23回「震災対策技術展」横浜に出展しました。

News & Archives

令和元年度 第1回デ活シンポジウム「企業も強くなる 首都圏も強くなる ~テーマ別分科会の挑戦~」

プログラム

13:30
開場
14:00

あいさつ   平田 直(国立研究開発法人防災科学技術研究所 首都圏レジリエンス研究センター 総括)

       文部科学省

第1部基調講演 - 先進的な事業継続の枠組みとその事例 -
14:10

「データ利活用による事業継続マネジメント(BCM)の高度化への期待」

渡辺 研司(名古屋工業大学大学院 工学研究科 教授)

14:45

「(仮)全国にネットワークを持つ企業が多角的に取り組む防災・減災対策」

15:10

「首都圏レジリエンスプロジェクトに防災科研が期待すること」

林 春男(国立研究開発法人防災科学技術研究所 理事長)

第2部分科会の取り組み紹介

データ利活用協議会では、首都圏レジリエンス向上のために、会員ニーズ別の課題に基づいた分科会を設定し、活動を実施しています。

15:25

1. 建物付帯設備分科会

-建物被害を減ずるための建物付帯設備に関する技術的課題を協議する-(日東工業他)

 

2. 行政課題分科会

-首都圏広域大規模災害のシナリオ構築と訓練手法等を検討・開発・実装する-(川崎市他)

 

3. 早期被害把握分科会

-産官学民、特に企業における迅速な顧客対応のために、被災地における早期被害把握技術を実装する-(東京海上日動他)

 

4. 生活再建分科会

-被災者の生活再建の質の向上に資する課題と技術を協議・実装する-(ESRIジャパン他)

 

5. 物流分科会

-大規模災害時のコンビニエンスストア物流確保のためのデータ利活用方策を検討する-

 

6. 集合住宅分科会

-大規模災害に対する集合住宅のレジリエンス向上のための課題と技術を協議する-(UR都市機構他)

16:00
休憩
第3部パネルディスカッション
16:10

「企業も強くなる 首都圏も強くなる ~テーマ別分科会の挑戦~」

モデレーター :下村 健一(白鴎大学 特任教授/元TBSキャスター)
パネリスト  :渡辺 研司(名古屋工業大学 大学院工学研究科 教授)
        平田 直(国立研究開発法人防災科学技術研究所 首都圏レジリエンス研究センター 総括)
        第2部の登壇者

16:50

あいさつ    島村 誠 (国立研究開発法人防災科学技術研究所 気象災害軽減イノベーションセンター長)

※プログラムは事情により、変更になる場合がございます。予めご了承願います。

会場へのアクセス

公益財団法人
都道府県会館(101大会議室)

住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目6-3

TEL:03-5212-9140(代表)

公式ウェブサイト: https://www.tkai.jp/

地下鉄 東京メトロ

有楽町線・半蔵門線 「永田町駅」5番出口より地下連絡通路を経て徒歩約1分
南北線 「永田町駅」9番b出口より地下連絡通路を経て徒歩約1分(地下1階出入口)
丸の内線・銀座線 「坂見附駅」D番出口より青山通り(国道246号)を上がり徒歩約5分(1階出入口)

マップ
https://goo.gl/maps/w5h85FYd51Gas9mf9

データ利活用協議会では、2019年7月19日(金)に

“首都圏レジリエンスプロジェクト

「令和元年度 第1回デ活シンポジウム「企業も強くなる 首都圏も強くなる ~テーマ別分科会の挑戦~」”を行ないます。

  • 参加申込はこちら

© 2017 Data use and application council for Resilience - Tokyo Metropolitan Resilience Project

▶︎事務局ページ